銘駒図鑑をご覧になって、ご自分の自慢の駒を載せたいというゲストの方の写真を掲載させていただきます。「銘駒図鑑」、「銘駒写真館」の方でも駒写真を募集させていただいておりますが、当方でも規格に拘りがあったりと難しい面もあり、形式にこだわらない自由な形の投稿をお受けしたい考えから、本コーナーを開設しました。

皆様の自慢の駒をぜひともご紹介ください。
  投稿方法: 写真の構図など細かいことは問いません。できれば 800x600 ピクセル以上のサイズでお願いします。ファイル形式も独自なものでない限り何でも結構です。下記4項目につきお願いいたします。

(1) 写真本体(メールに添付してください)
(2) 駒作者、書体、盛り上げ・彫りなどの区別
(3) 駒に対するコメント(評価、感想、思い出など)
(4) 投稿者名(ハンドル名などでも結構です)

メールアドレス:

銘駒投稿写真

棋具投稿写真
   


ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4 ページ 5 ページ 6 ページ 7 ページ 8 ページ 9 ページ 10
ページ 11 ページ 12 ページ 13 ページ 14 ページ 15 ページ 16 ページ 17 ページ 181 ページ 19 ページ 20  

将棋駒 竹風作 昇龍書 彫
竹風作 昇龍書 彫 (所蔵: 滋賀県 乾 様)
30年前、井上一郎製作所で購入されたとのことです。非常に味わいがあります。不思議なことに詰将棋の問題図を想像しながらこの駒を眺めていますと解図にぴったりの駒字に思えてきました。暗示に弱いようです。わたしのお願いに応じてご投稿頂きました。ありがとうございました。: 梅水

将棋駒 竹風作 峯書 彫埋 島ツゲ糸柾目
25年前購入。仕舞い込んだ先を捜すのが煩わしく25年間完全放置状態で、開けて見た事も有りませんでした。余り見かけない駒なので投稿しました。 (乾さん、貴重な駒写真をありがとうございました: 梅水)
投稿者: 滋賀県 乾 様

将棋駒 竹風作 彫 写真1
 
将棋駒 竹風作 彫 写真1
 
この駒は今から約20年前、私が小学生低学年の時に将棋好きの祖父に譲ってもらったものです。祖父は既に他界しており、周囲にも将棋に精通しているものがおらず、詳細は一切不明ですが、他では見たことのない彫りのデザインですので投稿させていただきました。(昔懐かしい素朴な彫り駒を投稿いただきました。皆様も懐かしく思われるのではないでしょうか。ありがとうございました: 梅水)   同左
投稿者: 東京都町田市 星野 克紀 様

将棋駒 美舟作 唐七星書 盛上
 
将棋駒 美舟作 唐七星書 盛上 銘
 
大変珍しい書体の駒写真をお送りいただきました。書体の「駒銘図鑑」を始めたときメールにてこの書体の存在をお教えいただきました、中澤様よりのご投稿です。駒銘の資料としても貴重に存じます。ありがとうございました: 梅水 
投稿者: 中澤 様

将棋駒 宮松作 水無瀬書 盛上 虎斑   将棋駒 宮松作 水無瀬書 盛上 虎斑   将棋駒 宮松作 水無瀬書 盛上 虎斑
    宮松作 水無瀬書 盛上 虎斑    
   

銘駒図鑑を応援くださっている、たくみ様より、携帯電話の写真撮影機能を使いお送りいただきました。感激です。写真は面積で4倍ほどの大きさに拡大し、少しだけ補正させていただきました。たくみ様、今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。(梅水)

   
    投稿者: たくみ 様    

将棋駒 八代目駒権作 晴風 写真 1
 
将棋駒 八代目駒権作 晴風 写真 2
 
将棋駒 八代目駒権作 晴風 写真 3
30年ほど前に親父に棋具店で中古を買ってもらったものです。力強い感じがして良いと思っています。(阪田様)
おっしゃる通り力強さがよいですね。大切な思い出のある駒。素晴らしいです。(梅水)
投稿者: 神戸市 阪田和也 様

将棋駒 初代竹風(大竹治五郎)作 菱湖書
初代竹風(大竹治五郎)作 菱湖書 (所蔵: 東京都 深川様)
将棋駒 初代竹風(大竹治五郎)作 菱湖書 写真 1
 
将棋駒 初代竹風(大竹治五郎)作 菱湖書 写真 2
 
将棋駒 初代竹風(大竹治五郎)作 菱湖書 写真 3
 
将棋駒 初代竹風(大竹治五郎)作 菱湖書 写真 4
 

皆様にご覧に入れる様な工芸的・骨董的価値のある駒を持ち合わせてはいませんが、日頃使っている駒を投稿させて戴きます。特にどうこうという程の駒でありませんが、枯れ木も山の賑わいということならば、ご掲載ください。三十年程前に島桑の駒箱と一緒に購入した御蔵島産黄楊の盛り上げ駒で、駒木地は根柾と聞いた記憶があります。銘は竹風、新潟三条の大竹治五郎。書体は巻菱湖。書体の好みと簡単に手の届く値段ということで購入しました。なお、駒に関してご教示願えれば幸甚です。購入当時は友人数名と毎月一度、棋士の先生を招いて将棋を教わっていました。棋力は先生に二枚落ちのままであまり進歩せず、やがて仕事が忙しくなったために一年半ほどで習うのを止めてしまいました。今にして思うと残念です。近頃は近くに指す相手がいないため、詰物を解いたり棋譜を並べたりするのに使用しています。(深川様)



銘駒図鑑
銘駒図鑑 ( 将棋駒 銘駒 名駒 盛り上げ駒 彫り駒 ) ギャラリー