将棋の指し方


将棋の部屋

将棋の指し方

将棋戦法入門
  将棋鑑賞室

将棋映像 YouTube

ゲームの始め方 (駒の並べ方)

             
                 
                 
                 
             

さてさて将棋ゲームの始まりです。まずは上の図のように、将棋盤の上に駒を並べてください。準備ができたら最初に先手後手(どちらが先に駒を動かすか)を決めます。決め方はジャンケンでよいでしょう。先手になった人が最初に駒を動かします。そして交互に駒を動かしていき、相手の王将(玉将)を取った方が勝ちとなります。厳密には王将を詰んだ方が勝ちなのですが、強くなるまでは王将を取ったら勝ちでよいと思います。



駒の動かし方(動き方)

将棋 駒の動かし方(動き方)

駒の動かし方(動き方)を上の図に示します。歩兵(ふひょう)は一番数の多い駒で味方(自分の側)、敵(相手の側)にそれぞれ9枚あります。まっすぐ前方に1つだけ進むことができます。歩兵は1つずつ進んでいき敵陣(相手側の下から3段)に入ると駒を裏返し「と金」になることができます。と金になると動ける場所が増え金将(きんしょう)と同じ動きができるようになります。

歩兵の他にも銀将(ぎんしょう)、桂馬(けいま)、香車(きょうしゃ)は敵陣に入ると駒を裏返し、それぞれ、成銀(なりぎん)、成桂(なりけい)、成香(なりきょう)と呼び金将と同じ動きをするようになります。このことを「駒を成る」といいます。また、敵陣に入っても駒を成らないこともできます。その場合でも次の回には成ることを選ぶことができます。金将と王将(玉将)は成ることができません。

香車はまっすぐ前にどこまでも動けます。前方に敵の駒があれば取ることができ、見方の駒がある場合はその直前まで動くことができます。桂馬は図のように斜め前方に一つ飛びで進みます。進む先が敵か味方の駒でふさがっていても飛び越えることができます。その意味で桂馬は特殊な駒です。

角行(かくぎょう)は図のように斜めにどこまでも進めます。途中に敵の駒があれば取ることができ、見方の駒がある場合はその直前まで動くことができるのは香車と同様です。飛車(ひしゃ)は図のように縦横どこまでも進めます。

金将の動きは図の通り、青(色の矢印)と緑(色の矢印)を合わせた動きができます。青の動きは縦横に一つだけの動きで、この動きをわたしは「小さい飛車」と呼んでいます。また緑の動きは斜め前方2カ所であり、簡単に「前方」と呼べます。この場合の前方は、斜め左前、まっすぐ前、斜め右前のどれかあるいはそれらの組み合わせの場合すべてを前方と呼ぶことにより、金将の動きは「小さい飛車」+「前方」と覚えることができます。同じように銀将は「小さい角行」+「前方」の動きと説明できます。銀将の動きを示した図をご覧ください。小さい角行(青)+前方(緑)です。

角行は敵陣に入ると駒を裏返し「龍馬」になり、「角行」+「小さい飛車」(赤)の動きになります。飛車は敵陣に入ると駒を裏返し「龍王」になり、「飛車」+「小さい角行」(赤)の動きになります。


取った駒の再使用のルール(他)

日本将棋の一番大きな特徴ともいえるルールで、駒を交互に動かすうちに相手の駒を取ることができるでしょう。その取った駒は自分の手番(自分に指す順番が回って来たとき)に盤面(将棋盤の上)の好きな場所に打つ(置く)ことができます。ただし駒を打った場所から次に動く場所のないないようなところに打つことはできません。これを簡単に表現すると「行き場のない駒を打つことの禁止」といえます。

取った駒のことを「持ち駒」といいますが、歩の持ち駒は既に歩のある筋(縦一本の筋)へは打つことができません。これを「二歩の禁止」といいます。


その他のルール

ここではその他のルールについて説明しますが、これらを知らなくても将棋を指すことができ、楽しむことができますので、まずはやってみよう!と、実戦をお勧めしたいです。将棋に馴れてきてから覚えればよいことですが、「千日手」と「持将棋」に関するルールがあります。

将棋を指していると希に同じ手順が繰り返され先に進まなく(将棋が終わらなく)なってしまうことがあります。これを「千日手(せんにちて)」といいますが、千日手になったときは引き分けとなり、先後を入れ替えて(先手の人を変えて)もう一局指します。千日手は「同一局面が4回出現」した時点で成立と厳密に定義されています。

また、将棋が長引いたときなどに起きやすいのですが、王将(玉将)が敵陣の奥に入ってしまい(入玉といいます)詰まされなく(詰まなく)なってしまい、更に駒を取ることもできなくなってしまった場合を「持将棋(じしょうぎ)」といい、駒が多い方を勝ちとします。

ただし、飛車と角を5点、その他の駒を1点とし、両者とも24点以上あれば引き分けに再試合となります。24点に満たなければ負けとなります。アマチュアの大会では「27点法」といって同様の計算で27点以上あるほうが勝ち、同点の場合は後手勝ち、とする場合もあります。


初手の指し方

             
   
             
                 
             
   
             

将棋はルールで禁止されていない手ならばどのような手を指してもよいです。では最初に何を指したらよいか?大駒(飛車と角行)の働きを高める手やその他価値の高い手を指したいです。一手で角行の働きを可能にする角行の道を開く手(図を参照)や、飛車を働かせる飛車先の歩を突く手(図を参照)などがありますが、もちろんその他の手も多く、先手後手の組み合わせで数多くの戦型が可能です。それでは次は実戦です。将棋を楽しんでください。




銘駒図鑑
銘駒図鑑 ( 将棋駒 銘駒 名駒 盛り上げ駒 彫り駒 ) ギャラリー