写真は「第三回 天童将棋駒祭り」における月山師の実演の風景と思われます。kagetsu 様よりご投稿いただきました。 本写真の掲載については、kagetsu 様より月山師に掲載の許可をお願いし、快諾いただいたとのことです。

月山師 駒作りの風景 写真 1
 
月山師 駒作りの風景 写真 2
 

月山師 駒作りの風景 写真 3
 
月山師 駒作りの風景 写真 4
 
名人の道具】

彫りの名人月山は、駒を彫る道具も全て手作りです。台座の回転軸がブレないように、台座を固定する道具を考案しました。木を削って成形し、台座との滑りを良くするために、天面にはボンドを乾いては塗り、乾いては塗り、内面には敷居滑りを細くカットしたものを貼り付けています。テーブルに固定しているのは、手動式鉛筆削りを机に固定する治具を改良したものです。この手作りの道具こそが、曲線の美を生み出す秘訣です。作者曰く「この道具は、長年に掛けて使っては改良、また使っては改良をしているが、まだまだ完成はしていない。これからもどんどん改良していく。」との事です。(取材: kagetsu 様)

将棋駒 月山作 雅鋒書 浮かし彫埋 写真 1
 
将棋駒 月山作 雅鋒書 浮かし彫埋 写真 2
 

伝統工芸士の盾と自信作】

伝統工芸士の認定を受けた時に頂いた盾と、これまでの駒師としての生涯の中で一番の自信作という「雅鋒」の浮かし彫り埋めです。使っている漆は全て生漆で、サビ漆は一切使っていません。(取材: kagetsu 様)




銘駒図鑑
銘駒図鑑 ( 将棋駒 銘駒 名駒 盛り上げ駒 彫り駒 ) ギャラリー