北田如水師のギャラリーを開設します。
今回掲載の写真は如水師からご提供いただきました。
   

駒研ギャラリー
   

如水師は道具としての将棋駒の書体に拘りを持ち深く研究されておられるようです。従って、極端に奇抜な書体は作られず将棋駒として対局に適した伝統美を有する書体の駒を作られておられるように存じます。本ギャラリーの作品は品格溢れる逸品ばかりです。

太字清安書 盛上

水無瀬兼成書 盛上

清安書 盛上

峯書 盛上
 

浩然書 盛上

源兵衛清安書 盛上

隺 園書 盛上

  木村名人書 盛上

錦旗書 盛上

水無瀬書 盛上

  巻菱湖書 盛上

気品溢れる如水流の太字清安書です。手にとって鑑賞できればあっという間に時が流れそうです。使い込めば更に魅力が増しそうな作品です。
将棋駒 如水作 太字清安書 盛上



現代的な兼成書といった感じを受けます。右の玉のシルエットは正に兼成書であり、左の玉はちょっと現代風。盛り上げの変化が豊かであるため光の加減によって違う表情を見せてくれます。
将棋駒 如水作 水無瀬兼成書 盛上



清安書 斑入り赤柾の盛り上げ駒です。如水師お気に入りとのことで手元に置き、清安書の手本とされているそうです。王将の将の字がキューと引き締まって品のよい書体ですね。如水師の気品ある作風にピッタリです。
将棋駒 如水作 清安書 盛上



影水流の峯書に如水流のアレンジをされています。観ているだけで漆の美しさ楽しさが堪能できます。
将棋駒 如水作 峯書 盛上

如水作 峯書 盛上







浩然書(こうぜんしょ)です。メリハリのある品のよい盛り上げが書体の新しさを落ち着かせています。
将棋駒 如水作 浩然書 盛上





盤に並べたときに見栄えがするしっかりとした存在感の源兵衛清安です。
将棋駒 如水作 源兵衛清安書 盛上





木地の艶やかな杢(孔雀)と艶やかな書体(隺園書)との相乗効果で全体として大変艶やかに仕上がっています。
将棋駒 如水作 隺園書 盛上

如水作 隺園書 盛上






如水流の木村名人書。本作は銘を「木村文俊作」に合わせ、フルネームで「北田如水作」とは粋ですね。
将棋駒 如水作 木村名人書 盛上

如水作 木村名人書 盛上






将棋駒 如水作 錦旗 盛上

如水作 錦旗 盛上






将棋駒 如水作 水無瀬書 盛上

如水作 水無瀬書 盛上







将棋駒 如水作 巻菱湖書 盛上

如水作 巻菱湖書 盛上




銘駒図鑑
銘駒図鑑 ( 将棋駒 銘駒 名駒 盛り上げ駒 彫り駒 ) ギャラリー