ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4 ページ 5 ページ 6 ページ 7 ページ 8 ページ 9 ページ 10
ページ 11 ページ 12 ページ 13 ページ 14 ページ 15 ページ 16 ページ 17 ページ 18 ページ 19 ページ 20  

静山作錦旗
静山作錦旗盛上駒 (ご所蔵: ロボ 様)

静山作錦旗の盛上駒です。本作は静山錦旗の癖があまりなく実戦に適した駒だと存じます。将棋ファンならこのような駒を実戦用に持つことは至福なことにに違いありません。数ある静山錦旗から本作を見つけ選んだ所蔵者のセンスに注目します。(梅水)

八代目駒権作坂田好書彫
八代目駒権作坂田好書彫 (ご所蔵: ロボ 様)

八代目駒権による坂田好書の彫です。このような駒を使い込み、持参駒として使えば、並の将棋駒ファンではないとわかります。是非活用していただきたいものです。(梅水)


天一作天童楷書彫
初代天一作天童楷書彫 作品1 (ご所蔵: ロボ 様)

初代天一作の天童楷書彫です。この度、2作品をご投稿いただきましたが、上の作品1と下の作品2は異なる作です。よく見比べていただきたく存じます。本作(作品1)は初代天一らしさが比較的出ている作だと思います。よくあるようでなかなかない希少な作です。(梅水)


天一作天童楷書彫
初代天一作天童楷書彫 作品2 (ご所蔵: ロボ 様)

本作は上の作品1と比べますと一部書体が異なり(とくに龍と馬)鋭角な書体の作となっています。どちらの作もそれぞれの魅力があります。(梅水)

秀峰作昇龍書彫
秀峰作昇龍書彫 (ご所蔵: ロボ 様)

秀峰作昇龍書の彫です。所蔵者お気に入りの作だそうです。秀峰作の彫は独特の彫口で、彫駒ファンにとっては見過ごすことのできない作品を生み出しています。写真ではわかりにくいのですが、実際に手に取り角度を変えて眺めてみますと、その独特の彫口に魅了されるはずです。(梅水)

無銘中彫
無銘中彫 (ご所蔵: ロボ 様)

無銘の略字彫駒です。無銘の中彫ながら、所蔵者お気に入りの駒だそうです。このような駒を大切に所蔵することは駒ファンのひとつの醍醐味ですね。(梅水)


銘駒図鑑
銘駒図鑑 ( 将棋駒 銘駒 名駒 盛り上げ駒 彫り駒 ) ギャラリー